賃貸経営は目に見えない注意点がたくさんあるので、これを読んで賢く経営しよう。

使用していない土地やお金に余裕がある、または老後の収入源を確保したいなど、理由は様々ですが、賃貸経営はかならず安定した収入があるわけでもありません。ここではいくつかの注意点を述べたいと思います。

引用文献→賃貸経営 http://www.kenyonpowerboats.com/

1空室のリスクを考えましょう
家賃収入で収入を長期的に確保できることによりローンの返済等に充てるというのが賃貸経営の魅力のひとつですが、もし空室ができてしまうとその分の収入が得られずに収入が安定しなくなってしまいます。もし例えば空室がなかなか埋まらない場合、ローンが払えずに売却しなくればならなくなってしまうかもしれません。

「これぐらいの収入が見込めるだろう」や「全部屋埋まるだろう」という、全ていい方向に考えず、空室ができてしまった場合の想定も必要です。

2入居者のトラブルを考えましょう
入居者の騒音などでほかの入居者や近所の人に迷惑をかけたりすると、その建物自体の評判が下がってしまって新規の入居者が決まらない恐れもあります。お客さんがあっての賃貸経営ですが、そういったことも頭に入れておく必要があります。

3経年劣化や災害による建物の損傷
建物ですので当然年月とともに劣化していってしまいます。痛みや損傷が発生し、それを修復したりするのにも費用が発生してしまいます。またそれにより、新築のときに設定した家賃のままでは借り手がつかないため、家賃を下げなくてはならなくなってしまいます。

家賃を下げて入居してくれたらいいですが、人は新しいものが好きな人が多いのでそちらに行ってしまうので、入居してもらうために修繕や改築するために費用が発生してしまいます。火事や地震はいつおこるかわからないので、火災保険などの保険に入る必要もあります。

4管理会社を選ぶ際の注意
賃貸経営は管理会社に任せる方がほとんどなのですが、その会社選びも注意する必要があります。きちんとしてくれる会社であれば問題ないのですが、そうでない会社を選んでしまった場合、最悪経営がうまく行かなくなってしまう場合があります。最低でも2社以上は回ってみて、自分で見極めましょう。